BLOG - BON 株式会社ビーオーエヌ -

<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 謹賀新年 | main | 最近食べたもの飲んだもの >>
PARIS DIARY2
 
引き続きPARIS日記です★

3日目の朝も早起きしてホテルで朝食と食べてルーブル美術館へ行って来ました!

ルーブル美術館は9時から。



どうしても、ここに来ると映画「ダヴィンチコード」が思い浮かびますね!

しかも、たまたまこの日の夜に映画「天使と悪魔」がやってたんです!
お〜ここはローマじゃないけど親近感湧く〜と思いながら観ておりました!

噂に聞いておりましたがルーブル美術館ものすごく広い!!!!

芸術はよく分かりませんが、とくに感銘を受けたのはニケです。
躍動感が素晴らしかった!
後はナポレオンの頂冠式ですね。

そして何より「お〜!」と思った光景はこちら↓

地元の中学生くらいの子供達が一枚の絵の前での授業風景。

そりゃ子供の頃からこんな所で勉強してたら芸術センスが備わるはずですよね。
幼稚園くらいの子供の集団も居ましたし!
さすが芸術の街PARIS!!!だと思いました

そんでモナリザさんは朝一に行くとかなり堪能出来ますよ!
暫く経ってから前を通ると凄い人だかりでした!

2時間ほど主要の作品を見てルーブル出てカフェへ行き本場のクロックマダムを♪

そしてパレロワイヤルでどーしても買いたかったACNEでお買い物しちゃいました

そしてサントレノ通りからマドレーヌ寺院を通り、HERIARDでランチ

パリでのお食事は各自、前菜、メイン、デザートを食べるし一皿のポーションが大きいので、
常にお腹がまんちくりんでした

夕方はモンマルトルへ。

夕刻のサクレクール寺院。
とっても雰囲気があって素敵ですね

モンマルトルは坂が多い街なのでかなり歩きまわってくたくたぁ

そして夜は予約しておいたLe Coq Ricoへ
横の席の素敵な老婦人の食べっぷりに見てるこっちがお腹いっぱいになりましたw

そして翌日は朝からBatobusに乗りセーヌ川クルージングへ。
1daypassを買い、パリの要所要所を周れるという優れもの!


ルーブルの乗り場から乗ったのですが対岸にはオルセー美術館が!
次はオルセーにも行ってみたい★
私、地味にゴッホ好きなんです。


先ず私達が向かったのはお昼のエッフェル塔!

THE雲天!見事に曇っておりました!
エッフェル塔への展望台へは長打の列でしたし、上には上がらず
私はここに来て一番したかった絵葉書をエッフェル塔のポストから日本へ送りました★

でもホントに鉄のレースとはこの事だ!と思いました★
昼と夜の魅力が全く違うし、遠くから見るのと近くで見るのもまた雰囲気が変わります。
私はエッフェル塔が大好きなので、ほんとに来れて嬉しかった

エッフェル塔にバイバイしてBATOBUSで向かったのはマレ地区。
マレに着くまでにもノートダル寺院があったりPARIS初訪問の私にとっては、
とっても有難いコースでした★

マレでランチをして、マレに来てここに来ない人はいないんじゃないですか?

MERCI

すごく可愛いもの沢山ー

そしてその後はホテルへ帰って周辺でお土産などを買いに走りましたとさ

そして翌日はもう帰国の日曜日。
パリ・・日曜日=休み
ちらちらとカフェは開いていたのでカフェしてからオペラ界隈からも近くて、
唯一日曜日でも栄えているベルシー地区へ。

ベルシーはこんな感じでショップが対面にズラーっと続いていて、
お買い物、食事、カフェが楽しめるエリアになっていて、
私達もお買い物、食事、カフェを楽しみました

そして飛行機まで少し時間があったので、もう一度シャンゼリゼ通りに向かい、
バスティーユ広場へ行き観光気分を味わい、ホテルに戻り空港へ向かいました!

ホテルはオペラ地区のオペラ座から徒歩5分の素敵なプチホテルに宿泊していました。
パレロワイヤルやルーブルも徒歩圏内の好立地ホテル。
魅力なのは立地だけではなくホテルのスタッフがとっても親切!
パリではあまり人との関わりに期待をしていませんでしたが、ここのホテルのスタッフが
皆とてもナイスな人達ばかりでした。
チップを渡したいって、こーいうサービスよね!思える人達。
毎朝の朝食は変わり映えはないものの、とっても美味しかったですよ
そしてとってもオシャレ。ホテルのレストルームにシャネルの香水が沢山並んでるし、
カールラガーフェルド氏の絵も飾ってある素敵なブティックホテルでした
パリに行く事があればプチホテル!って決めていたので、全てにおいて想像を超える、
素敵なホテルでした!次もここに泊まりたい

初めてのPARIS。
やはりフライトの時間も長くて遠いとこだけど、
パリジャンは意地悪だよ!とよく聞いていたけど、意地悪な人は誰一人と居ませんでしたし、
何より優美で小粋なセンスが溢れていて街中を歩いていると、センスが磨かれるような気がしました。
目に入るもの全てが芸術的で五感がフルに刺激される毎日でした。

次回行く事があれば、もっと掘り下げてパリの街を楽しみたいと思います★
そして次は別の国にも世界の車窓ごっこをしながら遊びに行ってみたいなと思います

これにてPARIS日記お終い
管理者の承認待ちコメントです。
- | 2013/01/10 11:05
COMMENT









Trackback URL
http://blog.bon-kobe.jp/trackback/170
TRACKBACK
PAGE TOP